« ビールの何がウマいのか | トップページ | 猫の白目 »

2011年7月31日 (日)

人間サマより優秀

110731_150002

 昨夜、というかほとんど今朝、東北および関東地方の一部で比較的大きな地震があった。そのとき、僕はまだ原稿執筆中で、書斎で机に向かっていた。念のために言っておくが、毎晩そんな時間まで仕事をしているわけではない。たまたまケリがつかなくて、気がついたらもう朝が近づいており、自分でも困ったなあと思っていた矢先だったのだ。

 3・11以後の相次ぐ余震で、少々の揺れにはもう慣れっこになっていたものの、ここのところ大きな揺れがなかった上に、健全な人々はみな寝静まっているはずの時間帯のできごとだっただけに、なんとなく不意打ちをされたような感じで、とっさにどうすればいいかがわからなかった。

 震災発生当日の大きな揺れで本棚が倒壊したこともあって、その後、余震が来れば問答無用にリビングに移動して様子を見る癖がついていた。マンションの中でいちばん広々としていて、倒れるようなものもなく、いざというときに潜り込むための食卓もあるからだ。

 しかし、すでに喉元を過ぎてあの頃の危機意識も薄れつつあったのか、昨夜の僕はすっかりその癖を忘れ、ただ「ああ、揺れてる」と思いながら椅子に腰かけつづけているだけだった。そのとき、視界の下の方でなにが動く物体があった。

 見ると、本棚の手前で丸くなっていたクー(深夜、僕が仕事をしている間は、なんだかんだでそばにいようとするので)が不意に立ち上がり、タタタタ……と部屋を出て行くではないか。その姿を見た途端に、僕は思い出した。そうだった、あの頃は揺れが来ると、あるいは緊急地震速報のサイレンが鳴ると、クーも含めて一家総出でリビングに移動していたではないか、と。

 ほどなく、すでに就寝していた妻も寝室から出てきたのだが、その頃には、クーはリビングの食卓の下に移動してじっとうずくまっていた。やはり、どう考えても「訓練ができている」としか思えない。しかも、早くも要領を忘れてしまっている人間サマよりむしろ優秀ではないか。

 揺れがあらかたおさまると、クーは「やお〜ん」と鳴いて伸びをしながら椅子の下から出てきて、のんきそうに僕の書斎のもとの位置に戻った。この機敏で適切な行動を見習わなければと思った。

 ちなみに画像は、一夜明けて今日の昼下がり、寝室で寛いでいたクーの姿である。半醒半睡の状態でいつものように目を見開いていないので、あまりアホっぽくは見えないどころか、なにら思索深げにすら見える。いや実際、地震に対する身構えという点で言えば、われわれがこの猫をアホだとかバカだとか評することは決してできないのである。

|

« ビールの何がウマいのか | トップページ | 猫の白目 »