« コベク | トップページ | You must not come now »

2011年10月27日 (木)

サイズが違うだけ

111026_123101

 以前このブロクで書いたことだが、クーは「猫のぬいぐるみに似た猫」である。つまり、猫の、人間にとっての愛玩性だけを抽出し、猫特有のまつろわぬ雰囲気などを捨象したものが「猫のぬいぐるみ」なのだとすれば、猫そのものよりもむしろそのぬいぐるみの方に近いのが、クーという猫なのである。

 そのせいか、この黒猫の顔部分だけでできたクッションが、マッサージチェアに乗っかっていると、見るたびに一瞬、「あ、クーがいる」と思ってギョッとしてしまう。ギョッとするのは、目玉があまりにもデカいからだ。それでも、僕の目はとっさにそれをクッションとは認識せず、「クーがいる」と感じるのである。

 実際、マッサージチェアの上にこうして現物と一緒に並べてみると(というより、現物が自らクッションのそばに居場所を見つけたのだが)、サイズが異なるだけで、ほとんど見分けがつかないように思える。

|

« コベク | トップページ | You must not come now »