« 出ヤマト記、まもなく出倉庫 | トップページ | レアショット »

2012年4月 8日 (日)

春なのに

 最新刊『出ヤマト記』(朝日新聞出版)は、すでに発売中である。なお、くどいようだがこのタイトルは「しゅつやまとき」と読む。

 一方、「別冊文藝春秋」に6回にわたって連載した『私は非公認』が、先日発売された5月号への掲載をもって終了した。これは、ある独立行政法人に勤務しながら、アルバイトとして悪魔祓いをやっている女の子の話である。『魅機ちゃん』連載(2007〜08年)のときと同じく、各キャラクターに非常に愛着を抱きながら書いてきたので、連載終了は非常に寂しい。ウラモトユウコさんが描いてくれるトビラ絵も毎回楽しみだった。

 しかしそれを言うなら、『出ヤマト記』だってすでに「小説トリッパー」での連載は終了しているわけで、小学館の「きらら」に連載している『ルドヴィカ』も、最新号に掲載されているのは第14回だが、原稿としてはすでに最終回のひとつ前である第16回を書き上げ、校正待ちである。

 連載がバタバタと終わっていく。春なのにお別れですか。春なのに涙がこぼれます。世界が終わったってことだ。どうやらそうらしい(XTC)。

|

« 出ヤマト記、まもなく出倉庫 | トップページ | レアショット »