« 新刊『四月、不浄の塔の下で二人は』 | トップページ | 嘘くさいconfession »

2013年9月25日 (水)

文教堂浜松町店さん御礼

Photo

 文教堂書店・浜松町店にお邪魔して、最新刊『四月、不浄の塔の下で二人は』のサイン本を作らせていただいた。

 こちらには本当にお世話になっていて、2作前の『ルドヴィカがいる』のときから3作連続でサイン本を置かせていただいているばかりか、6月に出た前作『悪魔と私の微妙な関係』以降、ご覧のとおり、「平山瑞穂を読みつくせ!」なる破格の待遇のコーナーを常置してくださっている。

『悪魔と私の微妙な関係』などは、入荷した分はとうに「売りつくし」てしまい、現在は版元在庫も逼迫しているため、新規入荷待ちの状態とのこと。もう、どうお礼したらいいものやら……。

 ほとんどの作品に個別に手書きPOPをつけてくださっているが、それによれば、平山瑞穂未読の方にはまず『マザー』がお勧めで、2番目が『偽憶』、『ルドヴィカがいる』については「現時点での最高傑作」とのコメントがある。あれはちょっと癖があるだけに賛否の分かれる作品だと思うが、自分としては本当に楽しんで書いたものなので、このように言っていただけるのはこの上なく嬉しい。

 なお、最新作のところに立ててある僕の手書き色紙の文言は、撮影時の光線の加減か、「この世界が〈異界〉に見える」で途切れているように見えるが、実際には2行目に「感覚をお楽しみください」と続いている(はず。自作についてこうした「ひとことコメント」を考えるのはどうも苦手で、毎回時間をかけてひねり出すわりにたいしたことが言えずもどかしい思いをしている)。

 ともあれ、お近くにお立ち寄りの際はぜひ覗いてみていただきたく。それにしても、今回初めて、自分で画像を撮ることができた。過去2回は、コーナーが存在すること自体がなんだか気恥ずかしくて(というか心苦しくさえあって)直視できず、ましてカメラを向けるなど「めめめっそうもない!」というありさまだったので。

|

« 新刊『四月、不浄の塔の下で二人は』 | トップページ | 嘘くさいconfession »