« 文庫新刊と、それとは無関係な映画予告編 | トップページ | I'm steppin' out »

2015年2月 4日 (水)

a rare statement

  たまに、ごくたまに、僕の小説について、まっすぐに褒めてくれているような発言を見かけると、本当に泣きそうになります。わかってくれる人がここに少なくとも1人はいたのだと。

  何がいいのかなんていまだにわからないし、満を持して臨んでも空振りすることなんてもはや日常茶飯事で、黙殺されつづけることにいったいいつまで耐えればいいのかと嘆くそぶりすらすでに儀式化していて。

  いろいろあって僕はある時点で(「告げる」ことはともかくとして)語ることをやめてしまったのだけれど、もしも1人でも聞いてくれる人がいるならば、その人のためだけでも僕は語るべきなのではないか。

  まあこんなのは、しょせん一時の気まぐれにすぎないとわかってはいるのですがね。

|

« 文庫新刊と、それとは無関係な映画予告編 | トップページ | I'm steppin' out »