« 「小説新潮」でやりたい放題 | トップページ | 幻冬舎文庫『午前四時の殺意』発売 »

2017年12月20日 (水)

アンソロジー『耽美』(シリーズ紙礫)

Photo

3月の『変態』にひきつづき、皓星社の叢書「紙礫」から今度は『耽美』というアンソロジー(シリーズ紙礫12)を刊行した。前回の「変態」ほどは収録作選定に悩まされなかったものの、それでも「いわゆる“耽美”ではつまらない」という欲が働き、結果としてはけっこう悩んだ挙句、そうとう恣意的なセレクトになってしまっていると思う。

収録作は以下のとおり。今回も、三島と犀星という大御所の間にさりげなくかつあつかましく僕自身の書き下ろし短編を忍ばせてある。

巻頭歌 与謝野晶子

『春』 岡本かの子

『麦藁帽子』 堀辰雄

『路傍』 川崎長太郎

『時雨の朝』 田村俊子

『竜潭譚』 泉鏡花

『春子』 三島由紀夫

『闇桜』 平山瑞穂

『陶古の女人』 室生犀星

『牡丹寺』 芝木好子

『春の華客』 山川方夫

解説:平山瑞穂

タイトルに「春」という文字を含む作品が3つも揃ってしまったのは単なる偶然だが、巻頭に掲げた与謝野晶子の短歌は、それを意識したものになっている。巻頭に詩歌を持ってくるのは、ここしばらくの「シリーズ紙礫」においてしだいに定型のスタイルとなりつつあるものだが、それだけでも全体に締まりが出てなかなかいいのではないかと思う。

それより僕としては、装丁にフェルナン・クノップフの「愛撫」を使ってもらえたことが嬉しくてならない。クノップフは高校時代から偏愛しているベルギー象徴派の代表的な画家だが、いつかなんらかの形でこの人の絵を自分の本の装いに利用できないかと考えていた。それにしても、「愛撫」はたいへん横に長い作品なので、人面女豹(と呼ぶのが適切なのかどうかはともかく)の長い尻尾の先までは表1(オモテ表紙)に入りきらず、背表紙を経由して表4(ウラ表紙)にまで達してしまっている。

『変態』『耽美』------と来たら、次は『猟奇』ではないか、という話も担当編集者との間では出ているのだが、「できるだけ、古い時代の作品の中から発掘する」という条件をも満たすものとして、はたしてそれだけのネタが集まるかどうかは、今のところ不鮮明である。

|

« 「小説新潮」でやりたい放題 | トップページ | 幻冬舎文庫『午前四時の殺意』発売 »