« 「改題」について思うこと | トップページ

2018年10月22日 (月)

「ワスチカ」ベトナム語版

Img_0111

拙著『忘れないと誓ったぼくがいた』のベトナム語版の見本が届いた。これで本作は、韓国、台湾、タイに続いて4ヶ国(地域)で翻訳が刊行されたことになる。ほかに大陸の中国でも話が進んでいるはずだ。このベトナム語版と大陸中国語版は、2014年の映画化が機運となって出てきた話らしい。そういえば、YouTubeでベトナム語字幕のついたバージョンを見かけた記憶がある。

言語オタクを自認する僕だが、ベトナム語はさすがにまったくノーマークなので、一語も読むことができない。ためしにタイトル"Anh Từng Hứa Sẽ Không Quên"だけグーグル翻訳に入力して訳させてみたが、あまり信用のおける訳にはなっていなさそうだったので、あえて触れずにおく。

それはそうと、表紙の折り返し部分に著者のプロフィールと思われる文言があり、東京で生まれて、立教大学を卒業して、2004年に日本ファンタジーノベル大賞を受賞して……といった僕の経歴に当たる部分はおぼろげに読み解くことができたのだが、受賞作のタイトル、『ラス・マンチャス通信』に当たる部分が謎である。

"Last Manchester Tsusin"

とある。僕はベトナム語の知識はまったくないので、なにかベトナム語で外来語などを表記する際の特殊なルールが適用されたものなのかなと最初は思ったのだが、これはたぶん違う。原題を訳すにあたって、なんらかの誤解があったものと思われる。

『最後のマンチェスター通信』------それはそれでなんだか心惹かれる。そういうタイトルの本があるなら読んでみたい。「第2次大戦中、ドイツからの激しい空爆に晒されていた頃のイギリスを舞台にしたドラマティックな物語」のようなものがおのずとイメージとして浮かんでくる。

|

« 「改題」について思うこと | トップページ